HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

本・映画など

【子どもと本】いま、見直される児童書の魅力!!~首都圏情報ねたどりネタドリ!より

NHKで放送された番組、「首都圏情報ネタドリ!児童書の売り上げ急増」のレポートです。

【絵本】今夜はお月さま出てるかな? 夜空を見上げたくなる『きょうは そらに まるいつき』

『きょうはそらにまるいつき』(荒井良二作)という絵本の紹介をしています。扉をひらくと、やさしい月の光があふれる空間。疲れた心もふっと軽くなる、癒されます。

『ねこと王さま』~英国の児童書専門店がおすすめの傑作

『ねこと王さま』の内容紹介と、この本が受賞した英国のアリゲーターズマウス賞やすてきな児童書の専門店の紹介です。

【絵本】8月15日に読んだ本

ここに紹介するのは、私が8月15日に読んだ絵本です。 せんそうしない たにかわ しゅんたろう ぶんえがしら みちこ え 講談社 タイトルからは戦争の絵本という印象を受けますが、表紙の男の子と女の子の夏休みの風景に、やさしい言葉が淡々とつづられた絵本で…

今日、8月6日に読んだ本たち

今日は8月6日です。 今日、私が読んだ本を3冊紹介します。 タヌキのきょうしつ 平和のバトン 広島の高校生たちが描いた8月6日の記憶 生徒から見たプロジェクト 証言者から見たプロジェクト 絵を描くことで学ぶこと 記憶を記録にする おいでおいで タヌキ…

【絵本】あの恐竜の化石を探し当てたすごい化石ハンターの物語

「夏といえば恐竜」というイメージがあるHANAです。 おそらく、毎年夏になると開催されている恐竜展の影響かと思われます。 昨年は例年にも増して人気でした。その火付け役は北海道むかわ町で発掘された「むかわ竜」。 日本で新属新種に認定され「カムイサウ…

【映画】『BTTF』と『ナミヤ雑貨店の奇蹟』より〜日米のウィットに富んだ大人が語る「白い紙」の意味

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のpart1から3まで一挙に見て堪能したHANAです。 実は、主役のマーティーを演じたマイケル・J・フォックスの大ファンで、彼が来日した時は、会えるわけでもないのにウキウキしていました。 パート1で初めて高校生を演…

【絵本】田島さんの『かとりせんこう』は効果抜群!!おもしろいように蚊が落ちます

夏の夕暮れ時、近所を散歩しているとどこからともなく流れてくる蚊取り線香の匂いに、お風呂あがりに天花粉(ベビーパウダー)をはたかれて全身粉まみれだった子どもの頃を思い出すHANAです。 昭和の夏の風物詩「蚊取り線香」を煙たいとか線香のにおいがちょ…

【絵本】『おれ、よびだしになる』幼い頃からあこがれた世界へ飛び込んだ少年の物語

『おれ、よびだしになる』相撲で力士のの取組の前に土俵で力士の名前を読み上げる「よびだし」さん。その姿にあこがれた少年が夢をかなえる物語。実話を基にしたストーリーと人情を豊かに表現した絵が素敵です。(2020年課題図書)

【絵本】動物のお父さんが愛おしくなる『おとうさんのえほん』

今週のお題「お父さん」 『おとうさんのえほん』 高畠 純 文/絵絵本館 この絵本、主役はもちろんお父さんです。 ゴリラ、ペンギン、しろくま、わに、ぶた、ひつじ、ぞう、ライオン。 いろんな動物のお父さんが出てきます。 残念ながら人間のお父さんは出て…

【映画】何回見れば気が済む?何度でも見たくなる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

久々に映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をテレビで見ました。 この映画は、ある高校生の男の子がタイムマシンに乗って過去と未来を行ったり来たりするおはなしです。パート1では30年前の1955年へ、パート2では30年後の未来(2015年)へ、パート3では…

咲かないはずのシンビジウムと『ハナミズキのみち』

先日、実家の母にご機嫌うかがいの電話をかけました。 「どうしてる?元気?」 「うーん、なんとかね。植物に癒されてるわ~」 咲かないはずのシンビジウム ハナミズキのみち 咲かないはずのシンビジウム 私の母は庭いじりが好きで、ご近所さんからきれいな…

絵本『きんぎょがにげた』のきんぎょとあそべるおもちゃ

『きんぎょがにげた』はどんな本? 『きんぎょがにげた』ってどんな本?と聞かれたら 1匹のきんぎょをおいかけてページをめくっていくと、どんどんおもしろくなっていく本だよ 自分で読む人も、読んでもらう人も、そして読んであげる人も、みんな楽しくなっ…

小学生が好きな本ってどんな本?(4)ー こどもの本総選挙(19位~1位)より

この記事は、子どものころから、そして今も、子どもの本が好きな三児の母HANAが書いています。 全国の書店や小学校などで昨年11月から年明けにかけて「小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」というイベントがありました。 今回で2回目の新しいプロジェクトで…

小学生が好きな本ってどんな本?(3)ー こどもの本総選挙(49位~20位)より

この記事は、子どものころから、そして今も、子どもの本が好きな三児の母HANAが書いています。 今年も5月5日に「小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」の結果発表がありました。 まだ2回目の新しいプロジェクトですが、投票総数は25万票を越えました。その数…

小学生が好きな本ってどんな本?(2)ー こどもの本総選挙(79位~50位)より

この記事は、子どものころから、そして今も、子どもの本が好きな三児の母HANAが書いています。 今年も5月5日に「小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」の結果発表がありました。 そこで選ばれたのは、全国の小学生が投票した自分の好きな本。 選挙の結果、100…

小学生が好きな本ってどんな本?(1)ー こどもの本総選挙より(100位~80位)

この記事は、子どものころから、そして今も、子どもの本が好きな三児の母HANAが書いています。 5月5日に「第2回小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」の結果発表がありました。こどもの本総選挙というのは、全国の小学生が投票用紙に自分の好きな本の名前を書…

【おうちあそび】絵は苦手、センスもない、でも楽しめる大人のぬり絵と絵本の紹介

お題「#おうち時間」で書いています。 大人のみなさま、ぬり絵はお好きですか? 大人のぬり絵がブームになるきっかけを作ったといわれる『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック(原題 Secret Garden)』(ジョハンナ・バスフォード作)、この本がイギリスで…

【絵本】ストレスフリーでゆったり気分 おやすみまえに『あおのじかん』~イザベル・シムレーヌ

青い色を思い浮かべてください といわれたら、どんな青色をイメージしますか? 空、海、水、空気、地球、魚… こころに描く青は人それぞれ。 この絵本の中にはいろんな青があります。 あなたが思い浮かべる青もきっと見つかりますよ! あおのじかん イザベル…

【おうちあそび】おひめさま&なつかしい絵本の主役たち!無料配布中のぬりえを紹介

子どもと楽しむおうち時間にどうぞ、と絵本の出版社から無料配布されているぬり絵を紹介しています。 実はこれ、絵はへただけど絵本が好きな私には、とっても嬉しい企画。 今回は、とってもかわいいおひめさまの絵本や、ママやパパも子どもの頃に読んだこと…

【おうちあそび】恐竜大好き!黒川みつひろ氏の恐竜ぬりえが期間限定で無料配布中です

もしお子さんが恐竜大好きなら…の話ですが、 黒川みつひろさんってご存知ですか? ひょっとして、この絵に見覚えはありません? たたかえ恐竜トリケラトプス 黒川みつひろ 作絵 小峰書店 なーんて、実は私がいちばん懐かしくてこれを書いています。 息子や娘…

【おうちあそび】絵本『いろんなでんしゃ はっしゃしまーす』から、電車のぬりえ無料配布中です

電車が見たい! でも今はガマン、ガマン。 そんな電車好きのお子さんや大人のみなさん、この絵本で電車に乗って出かける気分を味わってみてください。 『いろんなでんしゃ はっしゃしまーす』 『でんしゃにのったよ』 電車の顏のぬりえが無料配布中です! 『…

【絵本】『ミラベル』不思議なタネから生まれたものは、なあに?

不思議なタネから大きな豆の木が育つ、といえばご存知「ジャックと豆の木」ですが、不思議なタネから女の子が大好きなものが育っちゃう楽しいお話は知っていますか? そんなちょっとユニークでかわいいお話を紹介します。 物語を書いたのはアストリッド・リ…

【英語もわかる】ミッフィーと遊べるかわいくて楽しい英語サイト

世界中の人に愛されているウサギの女の子、ミッフィーが生まれたのは今から65年前のことです。 作者のディック・ブルーナー氏は3年前の2017年に亡くなりましたが、当時sns上でもたくさんの人がその死を悼み、また多くの感謝の言葉が寄せられていました。 そ…

泣いて笑って、笑って泣いて『一富士茄子牛焦げルギー』

この本を見つけたのは今年お正月あけでした。 『一富士茄子牛焦げルギー』これは「いちふじ なすうし こげるぎい」と読みます。 なんやこれ? 意味がさっぱりわからない、 こんな突拍子もない題名は聞いたことがない、 と、一度は素通りしたものの、やっぱり…

【絵本】これでいい!と心がラクになる〜『っぽい』

この本を読んだとき、気持ちがとても楽になりました。こうあるべきだ、とか、こうじゃなきゃいけない、そんなふうに思い込んでいたことを そっか、これでもいいんだよね と思えるようになりました。 読み終わった後、少しが軽くなる絵本です。 『っぽい』~…

【絵本】『生きる』~今を生きることを教えてくれた詩と絵

生きているということいま生きていること で、はじまるこの詩のフレーズ。どこかで聞いたことが…あ、これ、知ってる!教科書に載ってた!?『生きる』の詩をもとに描かれた絵本です。 『生きる』 いまを生きる 『生きる』 谷川俊太郎・詩 岡本よしろう・絵 …

【映画】「リンドグレーン」長くつしたのピッピの作者・波乱万丈な人生のはじまり

「リンドグレーン」という映画を観ました。タイトルに聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。『長くつ下のピッピ』や『やかまし村の子どもたち』、『小さいロッタちゃん』などの作品でおなじみ、スウェーデンの児童文学作家で、スウェーデンの紙幣…

【おすすめ本】ねむくなったらおやすみなさい、枕元に置きたい5冊(冬編)

1月も半ばを過ぎて、寒さも厳しくなってきました。そんな夜は、早くお布団に入って、ぬくぬくとあったまりながらおやすみしましょう。おやすみのお伴に、こんな本はいかがですか? 『眠れる美しい生き物』 動物たちの寝顔を眺めているだけで、ウトウト…ねむ…

『ゆき』~子どもの頃って雪が降るとこんなだったなぁ~ユリ・シュルヴィッツの絵本

(3/8追記しました) 毎年センター試験の時期になると雪が降るのが不思議です。雪=寒い=暗い、そんなイメージを持つようになったのはいつから?子どもの頃は雪が降ると大喜びで外で遊んでいたのにね。絵本を読んで雪の日の楽しい気分をもう一度!そんな…