HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

【絵本】8月15日に読んだ本

ここに紹介するのは、私が8月15日に読んだ絵本です。

 

 

絵本 せんそうしない ひょうし

せんそうしない

 

たにかわ しゅんたろう ぶん
えがしら みちこ え

講談社


タイトルからは戦争の絵本という印象を受けますが、表紙の男の子と女の子の夏休みの風景に、やさしい言葉が淡々とつづられた絵本です。

 

ある夏の昼下り、木々や草花、虫や鳥、海、ひまわり、そこに子どもたちの姿が生き生きと描かれています。

 

 

夏休みのある日、男の子と女の子が楽しそうにどこかへ駆けていきます。

せんそうしない1

Amazon商品紹介ページより引用



 

 

途中、彼らが木陰の地べたに座って、楽しそうに図鑑を見ています。

広げたページにはシロナガスクジラ。

せんそうしない2

Amazon商品紹介ページより引用



彼らは海岸の近くまでやってきました。

堤防の向こうにカモメが飛び、キラキラと輝く海が見える場所。

男の子は両手を頭の上につき出して前かがみになって、まるでシロナガスクジラの泳ぎをまねているみたい。

木漏れ日がまぶしい松の林をぬけたら、海にでました。

先に来ていた友達と、海に入って遊びます。

みんな笑顔。ニッコニコ!


そこ、ここに子どもたちの笑顔があふれる夏休みの一日。

透明感のあるやさしいタッチの絵。

 

実はその絵は、詩にでてくるモチーフをもとに描かれています。

その詩は、すべてがひら仮名で、小さな人にもわかるように、やさしい言葉が並びます。

 

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない
くじらと くじらは せんそうしない

(中略)

こどもと こどもは せんそうしない
けんかは するけど せんそうしない

(中略)

せんそうするのは おとなと おとな

じぶんの くにを まもるため
じぶんの こども まもるため

でも・・・(後略)

 


平和な日常を描いた中に、後半に1つだけ全く違うトーンで描かれた暗く寂しい絵があります。

 

どうして戦争するのか、戦争をすればどうなるのか、

 

短い言葉で、シンプルに、ストレートに投げかけられる言葉にドキリとします。

 

このことばを、この絵を、あなたはどう受け止めますか、子どもにどう伝えますか?

 


きみは忘れてはいけないよ、

あの戦争を体験してなくても

きみが知っている戦争のことを忘れてはいけない

 

ふと、絵本の中から静かに語りかけられた、そんな気がしました。

 

ぜひ 1度 読んでみて下さい。

 

 にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村