HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

【桃の節句】ちいさなちいさなおひなさま

今日から3月です。

3月と言えば桃の節句。

そこで、うちのかわいいお雛さん(うちではお雛様をお雛さんと呼んでます)を紹介します。

 

手のひらにのる寿ぎ雛

寿ぎびな

 

このお雛さん、

しもぶくれのふくよかなお顏が気に入っています。

どこかで見たことあるような

誰かに似てるような

親しみがわきます。

このお顏をみると思わず笑ってしまう、

そんな愛らしさがあります。

蛤の貝殻に二つ並べて飾ります。

とっても小さいです。

手のひらにのせた寿ぎ雛


実は素焼きの鈴なのです。

 

手のひらにのせて揺すると

コロコロ、コロコロ

とかわいらしい音がします。

 

寿ぎ雛の鈴

 

そして、緋毛氈(ひもうせん)のかわりに赤いおざぶ(座布団)。

二人仲良くお座りになっています。

ちなみに、お雛さんに緋もうせんを敷くのは赤が魔除けの色だからです。

 

10年ほど前から家にいらっしゃいますが、色あせることなくご健在です。

 

ひし餅の箱入り雛

 

ひし餅の形をした箱


こちらは30年近く前にいただいたものです。

この、ひし餅の形をした箱を開けると

 

ひし餅の箱の中のお雛様

 

美しい金屏風のまえに並ぶお内裏さんとお雛さん。

和紙でできた手作りのお雛さんです。

実は子どもが小さいとき、お雛さんを引っぱって、取れそうになりました。

赤い紙ごとはがれかけたのですが、速攻で補修したので(木工用ボンドで貼りつけた)ことなきを得ました。

よく見ると修復の跡がありますが、それもまた思い出の一つとなっています。

箱の中は20年前のまんま、色もほとんど変わっていませんが、外箱のほうはもっとあざやかなピンク、緑、白、でした。むき出しで保管していたので、角が擦れて白くなったり、全体の色も褪せてしまい残念ですが、これも年季が入った味わいということで、いいかな。と思っています。

 

わが家は娘が二人なので、お雛さんも二組、たまたまですが。

このサイズなら、お嫁に行くときもバッグに入れて持って行けそうです。

 

 

お雛さんを飾ると家の中がきれいに!

 

お雛様を飾る

 


さて、

こんなに小さなお雛さんですが、飾るならきれいなところにに飾りたいと思うのが心情です。

 

飾る場所に選んだのは、子どもたちがかつて習っていたピアノの上。

今は残念ながら誰も弾かなくなって、

物置きになっていたのですが、片付けました。

物がなくなったおかげでスッキリ。

 

「いつも、こんな風にしと片付けておきなさい!」


って、お雛さんのお言葉を聞いたような気がしました。

  

ははぁ~ m(__)m

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

【送料込】セシボン-C'estsibon-プチケーキ15個入