HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

日比谷花壇_父の日ギフト

部活動の休止、くじけずにがんばれ!


いま、娘の高校は休校中です。

普段は外を出歩くよりも家にいるのが好きな子なのですが、部活動ができないのには不満顔。

「自宅でできるのは筋トレくらいだから」

と毎日自主トレ生活。その結果、

「笑うとダメ~、筋肉痛がイタ~い!」

悲鳴をあげています。

 

ところでそれ、日本語おかしいでしょ?

筋肉痛がイタい→✖
筋肉痛で(腹筋が)イタい→◯

 

 

おっと、話が脱線したので、戻します。

 

彼女はダンス部に入っています。

実は、1月にダンスコンテストの予選があり、3年ぶりに予選を突破し今月は本戦が控えていました。

f:id:hanahirako:20200307200856p:plain

 

放課後、学校で”予選通過”の知らせを受けた部員たち。

「全員で大泣きしたんだよ~」

と目をうるませて帰宅した娘。

 

 

ところが先日、

 

大会本戦は延期ではなく中止になった、

 

との知らせが入りました。

 

何となく予感はしていたけれど…

残酷だなぁ。

「観客なしでいいから、やらせてほしかった」

とポツリ。

あんなにがっかりした顏は見たことなかったです。

 

そんな彼女に残されたステージは、あと2回。

新入生歓迎会と引退式です。

 

 

昨日のことです。

「明日、友だちといっしょに自主練してくる!」

部活の仲間で決めたそうです。

「選抜メンバーの試合(こちらも予選を通過し全国大会出場)は延期されたけどまだ残っているし、わたしも引退式までしっかり踊れるようにしておきたい!」

 

なんと!

 

あまり自分の気持ちを表に出さない彼女の言葉にびっくり。

 

よしよし! 行ってこい! お弁当いる? 水筒は? (*'▽')

 

「いや、それは自分でやるから大丈夫(^^;)」

 

 

実はその選抜メンバーと選ばれなかった部員(娘も)たちとの間には、あることが原因で溝ができてしまって、大会前の大事な時期だというのに大もめ。

「辞める」「辞めない」という話まで出る騒ぎになりました。

 

でも、

そんな問題をみんなで乗り越え、大会で結果を出せた。

予選を通過し、本戦出場を勝ち取ったことで、一人ひとりのダンスへの意識も変わったのかもしれません。

 

 

f:id:hanahirako:20200307163430p:plain

「私は全国大会に出られないけど、後輩たちの前ではかっこよく踊りたい!」

 

そうはっきり書いてありました。

 

娘の顔に。

 

末っ子のせいか「まだまだおこちゃま」だと思ってたのに、

なんか、成長しちゃったなぁ~

 

高校最後の大会がこんな形で終ってしまっても、くじけず頑張っている。

ちょっとたくましい!

 

キツイ練習を続けてきて、やっと見えてきた大会。

その大会が中止になって悔しい!!

やりきれない思いを抱えている中・高生は、たくさんいることでしょう。

でも、それを乗り越えて頑張っている子もたくさんいます。

 

いま、できることをがんばる、その姿は見習わなくっちゃなぁ。 

 

娘に教えられちゃった!

 

そんな週末の1コマでした。

 

ダンス部ノート

ダンス部ノート

  • 作者:石原久佳
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村