HANAのおと

hanaの雑記帳。

我が家の手抜き弁当 10分で作れるB級激うまチャーハン

毎日のお弁当作りに疲れたとき、よく作るメニューがあります。
少ない材料で、短い時間でできて、美味しい。
しょうゆのこげた香ばしいかおりが食欲をそそります。

*私がよく参考にさせてもらっている小林カツ代さんの『カツ代レシピ』をベースに、少しアレンジしました。

 

10分で作れるチャーハン

 材料(2人分)

・ねぎ (小口切り)1/2本くらい
・しょうゆ 大さじ1
・ごはん 2人分
・たまご 2個
・ハム 2枚
  ウインナー、ツナ缶、瓶入りの鮭ふりかけ、ちくわ、魚肉ソーセージなど、いろんな食材で代用可能
 
・いりゴマ 適量
・塩 少々
・こしょう お好みで

・油 適量

 

作り方

1 ねぎを分量のしょうゆに加えて、ねぎしょうゆを作る

ねぎしょうゆ

  ☆白ねぎの青いところは硬くて食べづらいですが、冷凍後に刻んで使えば十分美味しく食べられます

 

2 卵はといておく、ハムはみじん切りにする
3 フライパンを熱し、油を入れてまわし広げ、卵を入れて広げいったん火を止める

20191004151127

4 広げた卵に火が通りきらないうちにご飯を入れて卵と絡めるように混ぜ、卵が全体にまざったら火をつける

5 ハムを加えてまぜ、ねぎしょうゆをまわし入れて全体を炒め合わせる。

6 いりゴマを加える

20191004151546


7 最後に塩と胡椒で(しょうゆでも)味を整える

 *もしあればレタスをちぎって最後に混ぜるとさらにおいしくなります

*青ノリをふったり紅しょうがを添えると彩りもよくなります

f:id:hanahirako:20191004153218p:plain




お弁当箱につめる前に
短時間であら熱をとる方法

作った後は、手早く冷ましてからお弁当に入れましょう。


私がよくやる冷却方法は3つ。


1大き目のお皿に平たく広げて風を当てて冷ます

2保冷剤の上にアルミホイルで包んだ食材をのせ、上から保冷剤を載せる。

 

f:id:hanahirako:20191008212849j:plain

f:id:hanahirako:20191008212901j:plain

 

3ビニール袋に食材を入れ、流水に沈める

 最速は3番目の水につける方法。用意するものは、大きめのボールかお鍋と食品用のビニール袋。

食材(今回はチャーハン)をビニール袋に入れます。このとき、厚みがあるものはできるだけうすく広げて入れましょう。

ビニール袋の口から水が入らないように注意して、水を張ったボールにいれ、浮かんでこないように重し(保冷剤がおすすめ)をします。

f:id:hanahirako:20191008212917j:plain

 

 以前テレビで、スーパー家政婦さんが料理にビニール袋を利用してゆでたり蒸したりしているのを見て、熱していいなら冷ましても使えるはず、とやってみたのが始まりです。野菜を切ったり、果物の皮をむいたり、何かしらほかの作業をしている間に冷えます。暑い日は、風を当ててもなかなかすぐにはさめないので、時短にはこれ。
お弁当は傷みが心配。おいしく安全に食べられるように、容器につめるのは冷ましてからにしましょう。

 

【後日談】娘が注文を受けてきた

実は、このチャーハン、娘の友だちもとても気に入ってくれまして…

ある日娘が
「あのチャーハン、こんど二人分作ってくれない?」
と言うのでわけを聞いて見ると、友だちに
「一口ちょーだい!」
といわれておすそ分けしたところ
「めちゃうま~!」
と絶賛されたらしいのです。そして
「もっと食べたい」
っていわれたから、その日はお弁当を交換したらしいのです。さらに
「次回のチャーハンの日には二人分でお願いね」
と。そんなうれしいことをいわれたら、NOといえない甘い母。


また別のお母さんからは、じきじきに「1度だけうちの娘に作ってほしい」とお電話をちょうだいしてしまいました。

 

最後に

これは、ご飯がぱらぱらに仕上がるチャーハンではありません。

が、体型を気にする女子高生も喜んで食べてくれます。
美味しい!もっと食べたい!私の分も作って!
と高評価がもらえます。

あり合わせの材料で大急ぎで作った料理です。はじめは、こんなんでいいの?と思っていましたが、しょうゆとねぎの焦げた香ばしいかおりにふんわり卵とハムでうまみが倍増されて、おいしくない理由がない、と今では自信を持って作っています。
焦がすの得意なわたし。娘にとって、香ばしいチャーハンは母の味なのかもしれません。