HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

【新生活】一人暮らしに予備の寝具は必要?

この間まで足元をちょろちょろしていた3人兄妹の末っ子も、はや大学生になりました。

どうりで五十肩にもなるはずだわ~

そんな私は少し前、1週間ほどシュラフ(寝袋)生活を送ってきました。

といってもキャンプで野外生活を送ったわけではありません。

じつは一人暮らしを始めた末娘のところに手伝いに行ったのです。

そのとき初めてシュラフで寝たのですが、これが想像とはかなり違っていたので、ちょっと紹介しますね。

 

 

一人暮らしの部屋に予備の寝具は必要?

一人暮らしといってもいろいろなシチュエーションがありますが、ウチはまだ学生ですから必要最低限の小ぢんまりした部屋です。

場所は北海道。ですから、東京から日帰りでちょっと行ってくるわ~、というわけにはいきません。

今回のように親や知り合いが行けば泊まりになる、するとやはり寝具がないと困ります。

私が行ったのは4月になったばかりの頃。

あたたかい時期ならまだしも、北海道の4月は東京でいえば真冬。

いや気温は東京の真冬以上に低い日もありましたから。

道路からかき集めてきた雪の山が、溶けずに残っていました。

どう考えても予備の寝具は必要だな、と判断し、購入することにしました。

 

予備の寝具は布団かシュラフ(寝袋)か、どうする?

予備の寝具を購入することは決まりました。

さて、その寝具ですが

布団にするかシュラフにするか

で迷いました。

6畳の部屋の収納場所は、たたみ一畳分の押入れだけです。

そこに布団を入れると押入れの空きが、かなり少なくなってしまいます。

場所を取らない、ということを考えればシュラフがいいなぁと思いました。が、

寝心地はどうなんだろう?

布団の方がぐっすり眠れる気がするなぁ…

シュラフで寝たことがない私にとっては、布団の方が安心感があります。

それに1週間、毎日使うのですから、寝心地が悪いとしんどい。

睡眠不足は翌日の体調にひびくお年頃、ですから。

それに、外の気温は夜になるとマイナス10℃近くなると聞いていたので、

寒くて眠れなかったらどうしよう?

なんてことも頭をよぎりました。(年々寒がりになっているワタシ)

 

シュラフを購入しました、選んでよかった? それとも…

布団にするかシュラフにするか迷った末、収納スペースを重視してシュラフを購入することに決めました。ですが、私はシュラフのことはあまりよく知りませんでした。

ネットで調べて、数あるシュラフの中から、耐寒温度が低くてコンパクトに収納できる、そして購入者の評価もそこそこあるものを選びました。

 

私が購入したのはこれと同じものです。(注意:画像をクリックするとAmazonにとびます)

 

 

寝袋 冬用 シュラフ 【最低温度-20℃】 防水保温 2個連結 丸洗い コンパクト 収納袋付き 登山 防災 登山 (2.8KG オレンジ右開き)

 

調べたところによると、シュラフには封筒型とマミー型と呼ばれる2種類があって、こちらは封筒型です。

封筒型というのは四角い紙を半分に折って封筒にしたような形で、長方形のうち3辺がファスナーになっています。寝るときは、封筒の入り口からもぐりこみます。

暑いときはファスナーを開けて1枚の掛布団のように広げたり、2枚並べてファスナーをつなげて使うこともできます。

一方、マミー型はミノムシのような形です。一人用で封筒型より暖かく、この寝袋に入って寝ている姿がミイラに似ていることからマミー型と呼ばれるようになったそうです。

 

☟マミー型の一例(注意:画像をクリックするとAmazonにとびます)

 

[HAWK GEAR(ホークギア)] 寝袋 シュラフ マミー型 -15度耐寒 丸洗い 簡易防水 オールシーズン (ネイビー)

 

寝心地

シュラフで寝てみた感想は、思っていたよりずっと快適でした。

寝るときは、床にカーペットを敷いた上にシュラフを置きました。ただ、カーペットだけでは硬いので、シュラフの中にタオルケットを一枚敷きました。

脚付きマットレスとシュラフ

(シュラフと脚付きマットレス)


パジャマはスウェットの上下です。

シュラフにもぐりこむと、すぐにホカホカとぬくもりに包まれました

うわ~、気持ちいい~

シュラフ1枚でこんなにあったかいんだ!というのが一番の感想です。

軽くてあったかい、そして布団のようにずれないのもいい。

広さも十分で、中で寝返りも打てるくらい余裕がありました。

頭部には紐があって、それを引っぱると顔の周辺まで包み込まれるようになるので、襟元から冷たい空気が入ってくることもない。

たとえて言うなら、パーカーのフードの紐を引っぱったときのような感じです。

実物を見るまでは、もし寝心地が悪かったら娘のベッドと交換してもらう、という約束だったのですが、シュラフがとても気に入ったので、1週間ずっとシュラフで寝てました。

 

 

収納

シュラフの寝心地があまりにも良かったのて、ウチにも一つ買おうかしらと思っているくらいです。

そんなシュラフ、届いた時はこんな袋に入っていてでサンドバッグみたいでした。

袋入りシュラフ

 

袋入りシュラフ


脚付きマットレスのときもそうでしたが、この中に本当に収まっているのかしら?と思うほど小さかったです。

 

 

かたく巻かれて、キッチキチに入っていました

 

 

袋から出すのにてこずりました。

なかなか出でこなくて💦



そして

一度出すともう元には戻せない

どんなに頑張っても、元の収納袋には入りませんでした。

諦めて箱に収納。

それでも布団を1セット置くことを思えば保管場所は狭くて済みます。

 

価格

5,980円でした。

耐寒温度が一番低いタイプを選びました。

 

   

一人暮らしの予備の寝具はシュラフがおすすめ

 今回初めて体験したシュラフ。

ホカホカしたぬくもりにくるまれる快感、は最高に気持ちよかったです。

布団のように寝返りを打って手足がはみ出すこともありません。

片づけるときは何枚も畳んで仕舞う手間もありません。

丸洗いもできるし、干すときも軽くて手間いらずです。

一度出すと元の袋にははいらなくなる、という問題はありましたが、布団に比べれば収納場所は小くてすみます。

もし、予備の寝具があった方がいいかなぁとお考えなら、シュラフ、いいですよ! おすすめです。

 

 

【新生活】脚付きマットレスって何? 組み立て式脚付きマットレスを買いました - HANAのおと

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

 

デル株式会社