HANAのおと

50代主婦hanaの雑記帳。おもしろい、役に立つ、覚えておきたいことをあれこれと書いています

【日本の伝統美】友禅染の絵柄を楽しむボールペン・ぺんてるビクーニャフィール

f:id:hanahirako:20200218151141j:plain

 

友禅染の絵柄が美しいペンはお値段も魅力的!

 
雑貨の中でも文房具が大好き。特に書くもの、ペンの類についつい引き寄せられてしまいます。ついこの間も、Loftの筆記用具のコーナーで、ちょっとおしゃれな和柄のボールペンを見つけてしまいました。

 

それがこちら

 

f:id:hanahirako:20200218151132j:plain

ぺんてる 手染友禅紙柄なめらか油性ボールペン 黒インキ

(YUZEN JAPANESE PAPER PATTERN BALL POINT PEN BLACK INK)

 ビクーニャフィール 0.5mm 

 

です。

 

1本220円(税込)!
魅力的なお値段です。

 

ぺんてると谷口松雄堂(京都の和紙、小物などを扱う和雑貨製造メーカー)とのコラボで生まれた商品で、限定発売なのだそうです。

 

f:id:hanahirako:20200218153405j:plain


 

 

色あざやかな友禅柄に一目惚れしました。

 

 着物の柄や千代紙などで見たことのある友禅柄。

 日本古来の文化を感じさせる伝統的な絵柄なのですが、ところどころに金があしらわれていて、さりげなく高級感が漂っています。



10種類の柄にはそれぞれ意味があり、 縁起がいいモチーフが選ばれています。

たとえば…

 

赤と金、緑のコントラストがパッと目を引く「麻の葉」は子どもの成長祈願や魔除け

f:id:hanahirako:20200218151225j:plain

 


赤、水色、紫や金で菊の花でを波の模様を表している「菊青海波」は不老長寿

f:id:hanahirako:20200218151421j:plain

 

 

黒地に金で描かれた折り鶴が豪華な「折り鶴に雲」は、病気平癒や平和

f:id:hanahirako:20200218151445j:plain

 

水の中を泳ぐ赤い金魚と金の波紋にゆったり気分で癒される「金魚」は財運

f:id:hanahirako:20200218151245j:plain

 

といった具合。
モチーフはほかに「花火」「友禅流しに華文」「ふくろう」「うさぎと花紋」「土鈴十二支」「小花小紋」があり、それぞれの絵柄にも意味があります。


どの絵柄も本当にステキで、1本200円だったらお安いわ~と思っていたのですが、結局選びきれずに、セットで買っちゃった!

 

※小花小紋と土鈴十二支は単品では販売されていません。 

 

f:id:hanahirako:20200218151122j:plain

 ▲写真左から花火、麻の葉、ふくろう、金魚、土鈴十二支、折り鶴に雲、菊青海波、小花小紋、うさぎと花紋、友禅流しに華文

 

実際手にしてみると、キラッと光るのでちょっといい気分。 
無性に文字が書いてみたくなります。

 

f:id:hanahirako:20200219151823j:plain

 

なめらかにスラスラと気持ちよく書けました。

 書き味もよし!(字の良し悪しは別として…)

 

 

知っているようで知らなかった友禅染のこと

 

友禅染ってどんなものか知っていますか?

友禅染とは江戸時代に発達した日本を代表する文様染で、江戸中期に宮崎友禅斎によって完成されたことから「友禅」の名前がつきました。

その手法は色の混合を防ぐために糊を用いるのが特徴。多彩で華麗な絵文様を描き出すことができます。

明治に入ると、化学染料を利用し、写し友禅という手法がとられるようになりました。

 

余談になりますが、かつて、京都では「友禅流し」が京の風物詩としてありました。

それは写し友禅で用いた糊が生地についているのを川の水で洗い落とす作業です。

現在は水質汚濁の問題で禁止されているので、8月に鴨川のイベントとして行われるだけとなっています。

 


さて、宮崎友禅斎(生没年は不明)は、江戸時代の中頃(1681年から1704年ごろ)に活躍した人物で、扇絵師として京都では評判が高かったそうです(京都の知恩院に住んでいたことがあると言われています。)
その人気にあやかって、とある呉服屋が彼に
「着物の図案を考えてくれないか?」
と依頼したことから友禅の文様が生まれ、友禅染が作られるようになったのです。


それまでは、鹿の子のような絞り染め以外、ほとんどが一色の模様のない染物だったそうです。

そして、次第に刺繍が施されたり色使いの華美なものが好まれるようになっていきますが、幕府は天和年間(1681~1684年)に庶民の贅沢を良しとしない奢侈禁止令を出します。

商人は金紗、刺繍、総絞りなどの販売を禁止され、町人は贅沢な衣装を着ることを禁止されてしまいます。

しかし、友禅染はその禁止令を逆手にとり、(金や刺繍を用いた派手な装飾がだめでも)色の鮮やかさだけで華麗さを演出するならいいんじゃないか、とその禁令をかいくぐって流行することになりました。

四季の草花、梅や竹などの丸文様など、人気絵師の友禅斎が描いた図柄は、庶民の間で大評判を博したということです。

 

そんな友禅柄をモチーフにして作られたボールペン。 

目の前にあるようなデザインが、今から300年以上も前の庶民にも大人気だったなんて、夢がふくらみます。

 

このボールペンは、インクがなくなっても替え芯があります。
長く愛用できるのもうれしいです!

f:id:hanahirako:20200218151029j:plain


 

 

参考にしたサイト https://www.pentel.co.jp/news/11449/

ぺんてる 油性ボールペン フィール限定 0.5mm BX115-5STA 手染友禅柄A
 
ぺんてる 油性ボールペン フィール限定 0.5mm BX115-5STB 手染友禅柄B
 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村