HANAのおと

hanaの雑記帳。

風邪といったらアイスの実


社会人2年目の長男は、たいそう無口で、話しかけても面倒くさそうな返事ばかり。
唯一言うことといえば、
お弁当よろしくね
くらい。
なんだ、こいつは!ほかに言うことはないんかい!?
と思いながらもおいしいお弁当を作ってしまう母。
空になったお弁当箱を見て、よしよし、と思う。
典型的な親ばかだ。
でも、はやくお弁当作りから開放されたい、そろそろうちを出て独り立ちしてほしい、と願ってもいる、息子をもつ母の心は複雑。

 

そんな息子がめずらしく風邪をひいて寝込んだ。
連休の初日のことだ。
うちにいるときは、たいていゴロゴロしているのでさほど気にもとめなかったのだが

ポカリ(スエット)買ってきてくんない?

とかなり息苦しそうな鼻声でお願いされ、彼の様態が普通じゃないことに気づいた。

近所のスーパーにポカリを買いにいく途中、子どもたちが風邪をひいたときのことを思い出していた。
我が家はどういうわけか、みなそろって体が丈夫で、病気とは縁が薄い。
子どもたちが小学校の低学年ころまでは、年に1度くらいは、3人のうちの誰か一人が風邪をひいたりすることもあったが、大きくなるにつれて病気で寝込むなんてことは滅多になかった、数年に1度、あるかないか。
毎年話題にのぼるインフルエンザも然り。
彼らが受験のときは念のために打ったけれど、それ以外は予防注射も打ってない。
にもかかわらず、なぜか、どうしたことか、インフルエンザにかからない。
予防注射を打ってもかかってしまう人がいる中、申し訳ないが、ありがたい話だ。

ところが、子どもにしてみると、たまには病気になってみたいと思うこともあったらしい。

病気になると、いつもよりやさしくしてもらえる、好きなだけ漫画を読める、テレビが見れる、ゴロゴロしていても誰からも文句を言われない、そして、寒くてもアイスが食べられる。

そう、うちは風邪をひくと、
スポーツドリンクとアイスの実を買う
そんな習慣がある。


長男が幼稚園の年少さんのころだったか、熱が出て食欲がなかったとき、当時、流行っていたアイスの実を食べさせてみたら喜んで食べたので、これはいけると思ったのが始まり。
そのころのアイスの実は、4種類(記憶はあやふやだが)の味が1つの箱に入っていた。
袋入りではなく、箱入りだった。
大人にはひとくちサイズのアイスの実も、4歳の子どもにはかなり大きくて、1粒で口いっぱいになった。
が、熱で赤い顔の息子はうれしそうにほおばっていた。
1月か2月の寒い時期だ。
寒いのにアイスなんか食べたらおなか痛くなるわ、などと言って、いつもならアイスなんて買ってもらえない。
だから、思ってもみない幸運にめぐり逢えてうれしかったに違いない。
そんな顔を見ながら、一刻も早く熱が下がってくれ!元気になってくれ!と願った母、そんな頃がとてもなつかしい。


そして、元気でピンピンしている兄妹はラッキーだった。
「おこぼれちょうだい」にありつけるのだ。
母は病気の子の世話で他の子たちに手がまわらないない、それを1箱ずつのアイスの実で納得させてしまった。
お母さんはかまってくれないけど、アイスの実が食べられる!

風邪も引いてないのに、寒いのに、アイス買ってもらえたー!
というラッキーな現実に、ホクホク顔の兄妹たち。
3人の誰かが風邪を引くとアイスの実を3つ買う。
アイスの実にはそんな思い出がある。

そうだ、久しぶりに買っていくか!
1リットル入りのポカリをかごに入れて、冷凍食品の売り場へ向かった。
アイスの実は、袋に入って売られている。もう箱には入っていない。
そして、1つの袋に1つの味しか入っていない。
でも、アイスの実、として売られていることに、
また会えてよかった!
懐かしい人に会ったようなノスタルジーを感じた。

私は〈梨〉と〈キウイ〉と〈ぶどう〉を購入した。

アイスの実、買っといたからね!

翌々日、息子はマスクもつけずに、いつもどおり出社した。
冷凍庫を空けたら、梨とキウイがなくなっていた。
味見できるかな、というひそかな期待は、はかなく散った。
残った〈ぶどう〉はゆっくりいただくとしよう。

 

 

 

《後日談》

f:id:hanahirako:20191107164033j:plain

久しぶりの再会から、アイスの実が気にかかるようになり昨日は期間限定のカフェオレを購入。
ほどよい甘さが口に広がり、おいしかった!
次回は濃いみかんも試してみようかな。