HANAのおと

hanaの雑記帳。

おからのサラダはしっとり系のおからで作ると美味

私、Hanaは、毎日おからを食べています。
おからを使った簡単なケーキを作るのが毎朝の習慣となり、かれこれ3年ほどたちました。
そのおからのケーキには、50gのおからを使うので、毎日私は少なくとも50gのおからを食べていることになります。

 

www.hanahirako.com

 

おからを毎日欠かさずに食べている理由

 

サラダの作り方の前に、まず、なぜ面倒くさがりの私が、おからのケーキを毎日続けられるようになったのか、をお話します。

 

理由は、2つ。

 

1  超簡単に作れて、おいしいから。


2  続けているうちに、私の体にうれしい変化がみられるようになったから。


その変化とは…


1、アトピーでカサカサしていた肌が、しっとりしてきた。


2、口内炎、口唇ヘルペスがほとんどできなくなった


3、体重が増えなくなった

これらがすべておからの効果かどうかはわかりませんが、おからを毎日食べ始めるようになる前と後で、食生活、生活時間帯などにはこれといった変化もないので、もしかしたら何か関係あるのでは、と思っています。今後の私の研究課題です。

 

まぜるだけでできちゃう《ポテトサラダ風おからサラダ》

 

少し前、毎日のようにおから料理を作っていた時期がありました。
そのときから、家族にとても評判がよいのが、このおからサラダです。
こちらも材料をまぜればいいだけ、超簡単にできてしまいます。


おからは生を使います。火を通さないので、できるだけ新しいおからを使うとよりおいしくできます。

 

[材料] 

作りやすい分量

(5人分にしては多いのですが、我が家ではすぐになくなってしまいます)
696kcal:計算はカロリーslimsによる

f:id:hanahirako:20191018005206j:plain



おから(生)… 200g
きゅうり… 1本(100g)
にんじん…1/3本(50g)
ツナ缶… 1缶(80g)*

マヨネーズ… 大さじ4
みそ… 小さじ1強(10g)
酢… 小さじ1
しょうゆ… 小さじ1と1/2
こしょう… 少々

[作り方]

1 きゅうりとにんじんは皮つきのまま千切り(スライサーで)にし、にんじんは熱湯をかけるかレンジで30秒ほどチンする

 

2 ボールにおから以外の材料と調味料をいれてむらなくまぜる。

 

f:id:hanahirako:20191018003605j:plain

 

3 最後におからを入れてよくまぜあわせる

f:id:hanahirako:20191018003548j:plain

 

4 できあがり!

f:id:hanahirako:20191018003619j:plain


*ツナ缶がないときは、ハム、ソーセージなどで。

 

お豆腐屋さんのおからがいちばんおいしくできるのですが、なかなか手に入りにくいので、スーパーのおからで作っていますが、十分おいしくできます。

生のおからは、メーカーによってしっとりしていたり、ぱさついていたり、状態に違いがあります。

今回使用したのは、日本ビーンズのおからです。ここのはかなりしっとりしています。ちなみに、お値段は300gで98円(税抜)でした。

お財布にやさしいのも魅力です♡

 

 

また、三代目茂蔵では500gが100円(税抜)で手に入ります。以前、利用したこともあったのですが(現在、お店が閉店してしまいガッカリ)、ここのはパサパサしていました。パサパサ系にはヨーグルトや豆乳を少し加えてしっとりさせて使うといい感じにできます。

f:id:hanahirako:20191018151522j:plain

(だだ、パサパサ系は、ケーキや卯の花などの加熱料理向き、ではあります。)


☆食材と調味料をまぜるとき、おからのやわらかさを確認しながら、味と食感のなじみ具合をみて、おからの量を調整します。

 

 

できたてのホヤホヤもおいしいですが、冷蔵庫で一晩寝かせるとしっとり感が増し、味よくなじんで、さらにおいしくなります。

ポテトサラダのかわりにパンにはさんでサンドイッチにしたり、食パンにのせてその上にとろけるチーズをのせて焼くのもおいしいです。

 

1つだけ注意したいのは、保存について。生ものですので、あまり日持ちはしません。

ウチでは、前の晩に作って、翌日のお弁当に入れることはよくあります。それくらいは大丈夫ですが、いっしょにつめるほかのおかずを、よく冷ましてからにしています。また、猛暑の夏場はNGです。 

 

このサラダ、〔おからヨーグルト〕に難色を示した娘に食べさせたところ、

おからって全然わからない。

ポテトサラダよりいける!

と、たいへん好評でした。そして、今では娘のマイレシピの一つになっています。

 

 マヨネーズが苦手でなければ、ぜひおすすめしたい一品です。